スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来高の少ない銘柄 

 昨日の夜に気になっていた7866アトラスを845円(前日比-1.8%)で指値していたんですが、朝起きて(寝坊して)見てみたらあっさり約定してました。
 
 
 損切は810円(-4.1%)
 利確は920円(+8.8%)

を予定しています。


 日足だけを見て銘柄選びしたのですが、この銘柄選びには大きな間違いがあったと思っています。
 855円で引けたのですが、直近の買い気配が841円(しかも200株だけ)となっていました。
 つまり、株価から見れば+10円ですが、売ることを考えると-4円でしか売れないってことになります。
 よく入門書などに「出来高の多い銘柄を選べ」と書いてあるのですがその意味がなんとなく理解できました。
 このまま出来高を伴わないまま下落していったらと思うとぞっとします。

 単純に日足を見れば、今日の状態は「短期上昇トレンドの押し目で大きな下ひげをつけた」、という良好な内容になったわけなのですが、出来高が26000株ぽっちという事を考えればまったく違った意味になります。


 いやあ入門書をざっと読んで理解したつもりになっている事ってたくさんありそうです。
 損をしても得をしても毎日勉強になってうれしいです。
 


 


 

 

 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosyu.blog40.fc2.com/tb.php/11-067d5c60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。